2020.10.5 2021.1.25

ETCマイレージサービスとは

ETCマイレージサービスのHPキャプチャ
ETCマイレージ
公式HP
https://www.smile-etc.jp/

東/中/西日本高速道路㈱、阪神高速㈱、本州四国連絡高速道路㈱が管轄する高速道路をETC利用すると「ETCマイレージ」としてポイント還元される仕組みです。
古くからあるサービスですが、意外と知られておらず耳寄りな情報ではないでしょうか?(僕も教えてもらうまで知りませんでした…)

マイレージサービス利用には事前の登録が必要ですが、登録料・年会費等は掛からず、使用中のETCカードもそのまま利用できるのでデメリットはありません。
大口割引等を除けば、高速道路料金が節約できる数少ない方法なので是非活用していただけたらと思います!

東名川崎のETCゲート
登録しておくだけで自動還元される便利サービス

ポイント還元の仕組み

気になるマイレージ(ポイント)還元率は下表の通りです。

管轄会社 付与条件 実質還元率
NEXCO東日本
NEXCO中日本
NEXCO西日本
宮城県道路公社
10円/1ポイント 10%
本州四国連絡高速道路㈱ 10円/1ポイント 10%
名古屋高速道路公社 100円/1ポイント 1%
愛知県道路公社 100円/1ポイント 1%
神戸市道路公社 50円/3ポイント 6%
広島高速道路公社 100円/1ポイント 1%
福岡北九州高速道路公社 100円/1ポイント 1%

※「+α」については公式サイトを参照ください。

関東エリアですと「10円につき1ポイント(1円相当)」で、還元率にすれば10%です!
溜まったマイレージは通行料金支払いに充当できるため、実質高速道路料金が1割引になるという訳です。

ポイント自動還元サービス

ETCマイレージサービスには、溜まったポイントを自動で通行料支払い(クレジットカード引き落とし)と相殺する設定があります。
都度、管理画面にログインしてポイントを使用してもいいのですが正直面倒なので自動還元は非常に有り難いです。

5,000ポイント貯まると、次回引き落としのタイミングで5,000円分割引されるというシンプルな仕組みです。
ETCマイレージポイントは「ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末まで」と1〜2年間の有効期限があるため、ポイント消失を防ぐ意味でも必ず自動還元を設定しておきましょう!

参考ポイント自動還元サービスの設定方法
https://www.smile-etc.jp/jido_kangen_exp.html
ETCマイレージカード管理画面の利用履歴
5,000ポイントずつ自動還元されていることがわかります。

登録の流れ

ETCマイレージサービス登録の流れを紹介します。
車載器番号・ナンバープレートの入力も必要なので事前に確認しておくとスムーズです!

ETCカード&車載器の準備

まず前提としてETCを使える状態にしておく必要があります。
クルマにETCが付いていないという方は少ないと思いますが、新しくクルマを購入される場合(中古車で元々ETC車載器が搭載されていたとしても)は「セットアップ」と呼ばれる作業が必要となります。
セットアップは専用PC端末でないと行えないため、販売店やディーラー、カー用品店で依頼することになります。

個人売買で購入した場合もETCセットアップにより名義変更が必要ですので、友人から買ったor譲ってもらったというケースではまずセットアップを行いましょう。
セットアップ料金は2,000円〜3,000円で、以前AUTOBACSで依頼した際は2,750円(税込)でした!

ネットor郵送で申請

申請は郵送にも対応していますが、特に理由がなければネットで行いましょう。
新規マイレージ登録ページの「新規登録」より進みます。
氏名・住所・ETCカード番号・車検証車載器番号などを入力して完了です。

車検証車載器番号の確認方法としては、主に以下4パターンがあります。

1.車載器取扱説明書や保証書、外箱の記載
2.車載器セットアップの書類(お客様控えや証明書)
3.車載器本体のラベル
4.車載器操作による音声・表示

説明書やセットアップ証明書があればいいですが、書類が見当たらず車載器の記載も無い場合は「車載器型番」でネット検索をしてメーカーホームページで車載器番号確認方法を確認しましょう。
クルマと一体になった純正ETCであれば、ディーラーに聞けば確認方法を教えてもらえます。マイレージ登録の過程で車載器番号確認が最も面倒だった記憶があります…

マイレージID&PASSを受領(郵送)

申請が完了すると郵送にてマイレージID・パスワードが送られてきます。
ネット申込で約1週間、郵送だと2-3週間とのアナウンスなので、忘れずに受け取りましょう。
また、ネット申請の場合は申請当日からポイント付与されますので、遠出をする予定がある方はその前に申請を済ませておきましょう!

ID・パスワードを受領したら「ETCマイレージ管理画面」よりログインできます。
しばらく乗ったらしっかりとポイント付与されているかを確認しておきましょう。

参考ETCマイレージサービス新規登録の手順
https://www.smile-etc.jp/service/touroku.html

対象路線

ETCマイレージの対象路線は冒頭で紹介した「東/中/西日本高速道路㈱、阪神高速㈱、本州四国連絡高速道路㈱」が管轄する高速道路です。
東京近郊で言えば東名中央道関越関越道外環圏央京葉道路…等いわゆる高速道路は概ね網羅していますが、首都高は「首都高株式会社」の管轄となるためETCマイレージの対象外です。

参考ETCマイレージの対象路線
https://www.smile-etc.jp/service/point_doro.html
ETCマイレージポイントの対象となるアクアライン
アクアラインもポイント付与対象!

年間にすると大きな金額に

高速料金は人により様々ですが、長距離ドライブが多い方なら20,000円〜30,000円/月になってることもあるのではないでしょうか?
年間にすれば20-30万円になるため、1割還元でも2-3万円得することになります。

車載器番号を調べたり、郵送のログイン情報を待ったり…と最初の登録こそちょっと面倒ですが、中長期的にみればとてもインパクトのある節約ができるので、是非活用してみてください。

\更新情報発信中/
コメント-Comment-
Subscribe
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る。

お奨め記事

あわせて読みたい記事