地図から探すカーライフスポット 地図から探すカーライフスポット
2021.8.2

眼下に広がる1万㎡の大庭園

八芳園の敷地内にとまる車

港区白金台の結婚式場八芳園内にある「Thrush Cafe」。
本館LBフロア(2F-3Fの間)の店舗からは約2,800坪の庭園を眺望でき、都心ド真ん中に居ながら緑を満喫することができます。

窓が広く店内席からも庭園を楽しめますが、特にテラス席からの景色は格別!テラスチャージ1,000円/人が発生しますが、正直その価値アリです。
23区内でこれだけの自然を眺めながら食事やカフェができる環境を他に知りません、このロケーションだけで唯一無二な存在と言えます。
上を見上げればビルやマンションが立ち並び、ここが都心ド真ん中の立地であることを再認識させられますが、それはそれでオアシス的な良さがあります。

八芳園スラッシュカフェのテラスから眺める景色
八芳園スラッシュカフェのテラスから眺める景色。背景のビルとのコントラストが都会のオアシス感を演出している。
八芳園スラッシュカフェのテラスから眺める景色02
テラスから真下を見下ろすと、木陰に鯉が泳ぐ池が見える。

お店の雰囲気・客層は落ち着いていて、中には一人で訪れている方もいます。
お一人様・デート・ご家族・グループとシーンを選ばずに使えることもあり、定期的に訪れているお気に入りのカフェ・レストランです。

150台規模の駐車場完備

八芳園の敷地内にとまる車02
車両入口門をくぐり、料亭「壺中庵 – KOCHUAN」あたりで撮影。

約40,000㎡の敷地面積を誇る八芳園は約150台の駐車スペースを確保しています。
平置きは50台程度で、混雑時は併設されるパーキングタワー(機械式)へ誘導されるようです。

駐車場入口(正門)は目黒通り(都道312号)「日吉坂上交差点」から桑原坂へ侵入しすると、50m程で左手に見えます。正門付近に係員の方がいるので、指示に従って駐車場へ進みましょう。

正門入口はフラットで園内も坂道こそあるものの緩やかで目立った段差は無いため、車高の低い車種でも問題なく進入できます。混雑時も車種を見極めて平置きへ誘導してくれるので安心して訪れることができますよ。

八芳園敷地内を走る車
入口門からは緩やかな坂を下り駐車場へと進む。傾斜は緩やかで大きな段差もない。

そして、カフェ利用のみでも駐車料金無料なのは非常に嬉しいポイントです。駐車キャパもあるので、車移動の友人との待ち合わせでも重宝しています。
港区で車集合してランチができるとびきりお洒落なカフェ… 探してもなかなかありませんよ!

車集合して八芳園スラッシュカフェでランチ
この日は東カラメンバーでランチを楽しんだ。基本的に車集合なので駐車キャパのあるお店は大変有り難い。

旬のオーガニック野菜を楽しむ

八芳園エントランスのモニュメント
八芳園エントランス、スラッシュカフェ入口前のモニュメント。

スラッシュカフェでは食材(特に野菜)に拘り、生産者とのつながりを大切にしています。
農薬・肥料に頼らない自然栽培/オーガニック野菜を使用した体に優しい料理を提供しており、野菜の旨味を安心して楽しむことができます。

今回は東カラ メンバーの誕生会を兼ねてスラッシュカフェを訪れました。
専らガレージやPAで集まるのがデフォな僕らではありますが、たまには洒落たカフェでちょっと贅沢なランチというのも良いですね。

ランチコース(4,800円税込)は、人参のスープ・旬野菜のサラダ・アイナメのポアレ・もも肉のグリエ・抹茶ティレミスという流れ。
コースには国産素材・無添加に拘った八芳園のベーカリー「BLUE TREE」のパンがセットになっており、これがまた絶品です! ついつい追加でパンを貰ってしまい、デザートに行き着く頃には満腹になっていました、笑

食後にはドリンクがセットになりますが、コーヒーは“コーヒーハンター”の肩書を持つ川島 良彰氏が率いるミカフェート監修によるもの。
ド素人な僕でもこれまで飲んできたそれとは明らかに違う香り・味を感じることができる一杯で、食後のひとときまでしっかりと楽しませてくれます。

ドリンクとあわせれば5,000円/人超なので決してコスパが良いとは言えませんが、庭園ビューのロケーションや駐車環境を加味すれば非常に満足度の高い時間を過ごせるでしょう。

八芳園スラッシュカフェのランチコース_人参のスープ
八芳園スラッシュカフェのランチコースにセットとなるBLUE TREEのパン
野菜をモチーフにしたBLUE TREEのパンがセットとなるが、これがまた絶品だった。
八芳園スラッシュカフェ_ランチコースのサラダ
八芳園スラッシュカフェ_ランチコースのアイナメのポアレ
八芳園スラッシュカフェ_ランチコースのもも肉のグリエ
八芳園スラッシュカフェ_バースデープレート
メンバーの一人が誕生日であることを伝えると、コースデザートにメッセージを添えてくれた。
八芳園BLUE TREEのクロワッサン
スラッシュカフェではBLUE TREEのベーカリーを販売している。個包装されておりお土産にも最適、水色の紙袋も可愛い。

カフェの後は庭園散策

八芳園の庭園写真
写真は公式サイトより引用

1915年、鉱山王の異名をもつ久原 房之助の邸宅庭園として整備され、その後1950年に八芳園として創業しました。
“八芳園”のネーミングは「四方八方どこを見ても美しい」に由来しているようです。

スラッシュカフェ利用者はこの庭園散策ができますので、カフェ後にはぷらっと散歩してみてはいかがでしょうか。

平日・ランチでも予約をおすすめ

スラッシュカフェは平日やランチ時間帯でも混み合う可能性があるのでできれば事前の予約がお勧めです。空席状況に応じて、窓側・テラス席など要望を聞いてくれます。

予約は以下の専用電話番号が用意されており、自動音声が流れるので「レストラン予約」の番号を選択するとスタッフの方に繋がります。

予約専用電話番号:0570-064-128
平日10:00-19:00/土日祝 9:30-19:30


店舗情報

営業時間 11:00~17:00(L.O. 16:00)
住所 〒108-8631
東京都港区白金台 1-1-1 八芳園内
電話番号 0570-064-128
公式サイト https://www.happo-en.com/restaurant/thrushcafe/

駐車場情報

八芳園駐車場に駐車した車
50台規模の平置きスペースがあり、駐車枠にも余裕がある。
収容台数 約150台
駐車料金 無料
形状 平置き・パーキングタワー(機械式)
八芳園エントランスにて
八芳園エントランス前にて撮影。
\更新情報発信中/
コメント-Comment-
Subscribe
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る。

お奨め記事

あわせて読みたい記事