2020.12.28 2021.1.25

天王洲の水上ラウンジ

TYハーバー前にて
都心から下道で約20分。覚えておきたいドライブスポット!
天王洲ふれあい橋から眺めたTYハーバー
写真は公式サイトより引用

天王洲の運河に浮かぶ「T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)」。
周辺はドラマロケ地になることも多いスポットなので、知っているよ!という方もいると思います。
店舗すぐ横に架かる「天王洲ふれあい橋」は「深夜のダメ恋図鑑(2018年)」「いつまでも白い羽根(2018年)」「私結婚できないんじゃなくて、しないんです(2016年)」など多くのドラマロケ地になっているようです。

天王洲ふれあい橋前にて
1996年竣工の「天王洲ふれあい橋」。食事後は周辺を散歩してみるのも◎

比較的有名かつ定番なスポットではありますが、やはり良いモノは良い。
あらためて東京カーライフ的視点でT.Y.HARBORを紹介させてもらいます!

TYハーバーの看板
クルマのアクセスが良好◎

電車で行こうとすると天王洲アイル(東京モノレール/りんかい線)から約5分、JR品川駅からは約20分となるので、何かのついでに寄るというよりは、今日は「TYハーバー行こう!」という具合かと思います。

もちろんTYハーバーを目的に天王洲を訪れるだけの価値はありますが、どちらかと言えばクルマでこそアクセスの良い立地かもしれません。
というのも、渋谷・新宿エリアから下道で8〜9km(約20分)、お台場エリアからはレインボーブリッジ経由で10km(約20分)とドライブを兼ねてご飯でも…という目的には“ちょうど良い距離”なんです。
さらに、横浜エリアから都心に向かう途中に位置することもあり、横浜方面に出かけた帰りにTYハーバーで食事をして帰る。なんて使い方もできます。

また、実際にTYハーバーの客層を見れば納得すると思いますが、家族・デート・グループ・女性同士・男性同士…とどんなシチュエーションにも馴染むオシャレで万能なお店というのもポイント。

TYハーバーの店内雰囲気
写真は公式サイトより引用
TYハーバーのテラス席
写真は公式サイトより引用

常に頭の片隅に入れておくと、いざというときに“ナイスな選択だね!”とドライバーとしての株も上がることでしょう、笑

店舗情報

営業時間 ランチ)
平日11:30〜15:00(14:00 L.O.)
土日祝11:30〜16:00(15:00 L.O.)
ディナー)
17:30〜23:00 (22:00 L.O.)
住所 〒140-0002
東京都品川区東品川2-1-3
電話番号 03-5479-4555
公式サイト https://www.tysons.jp/tyharbor/

駐車場情報

収容台数 20台程度
駐車場
営業時間
10:00~22:00
駐車料金 1,000円/1回(バレーパーキング)
形状 平置き(屋外)
その他 レストラン未利用時は1,000円/時間
23時以降の出庫不可なため、夜間利用時は注意

非日常を感じるバレーパーキング

T.Y.HARBORのパーキングは全てバレー方式(バレットパーキング)。
アプローチは都道317号_山手通りを左折し、「Bond Street」を200mほど進むと突き当りになり、右手にキャンピングトレーラー風の料金所があります。
営業時間中は係員さんが常駐しているので、駐車したい旨とTYハーバーを利用することを伝えるとクルマを預かってくれます。

TYハーバーのバレーパーキング
キャンピングトレーラー風の料金所にてスタッフさんへクルマを預けます。
TYハーバーの駐車スペース
休日には駐車スペースがびっしりと埋まるほどの人気!

駐車スペースは限りがあるので、混雑時はパズルのようにぎっしりとクルマが埋まっていいます。
1台でも多く効率的に停められるように…という意味合いでバレーパーキングを採用しているのかもしれませんね。

なお、料金は時間単位ではなく1回=1,000円というカウント。
T.Y.HARBORを利用した場合に限りで、レストラン利用無しだと1,000円/時間の駐車料金が発生するので要注意です!
クルマを預けた際に駐車券を渡されるので、忘れずに店内で処理してもらいましょう。

なみに1回あたりの定額駐車料金なので、駐車時間にシビアになる必要はありません。
ゆっくりと食事を楽しんだあとは周辺を軽く散歩してみるのも気持ちがよいでしょう。

天王洲エリアのアイコンでもある天王洲ふれあい橋
ボードウォーク(Boardwalk)より眺める天王洲ふれあい橋

ちなみに…
操作に特別なテクニックを要する車や超高額車、希少車など極一部の車種はセルフ駐車となるようです。
以前訪れた際に、ちょうど僕の前がヴィンテージフェラーリでしたが、なにやらスタッフさんから説明を受けており、オーナーさん自ら駐車されてました。
場所柄、1,000〜2,000万円クラスのクルマは日常茶飯事な気もしますが、さらに一線を超えた車種は例外対応!ということなのでしょうね、笑

初心者にもお奨め

免許取得後の初ドライブ、脱ペーパーのために練習したい!
でも訪れた先で上手く駐車できるかな想像以上に狭い駐車場だったらどうしよう

バレーパーキングはそんなシーンでもお奨め。
入出庫はスタッフさんが運転してくれるので、店前までたどり着ければあとはなんとかしてくれます!
出庫も道路までクルマを出してくれるので心配無用、安心して食事ができますよ。

天王洲Bond Streetにて01
山手通りを曲がり、カフェ・ベーカリーが並ぶBond Streetへ入る
天王洲Bond Streetにて02

メニュー

TYハーバーのメニューは曜日・時間帯で次の3つが準備されています。

WEEKLY LUNCH(平日ランチ)
WEEKEND LUNCH(週末ランチ)
DINNER(全日ディナー)


参考T.Y.HARBORのメニュー
https://www.tysons.jp/tyharbor/menu

各最新メニューは上記URLで確認できます。
通常メニューの他に日替わりの平日ランチや月替りメニューなど変動要素もあるので、高頻度で訪れても飽きが来ないのも特徴です。

中でも月替りメニューの「Monthly Special Burger」は毎月工夫を凝らしたハンバーガーがラインナップされてるので是非チェックしてみてください!

TYハーバーのMonthly Special Burger
Monthly Special Burgerは味もボリュームも大満足!

OFFピークを推奨

アクセス・雰囲気・コスパと三拍子揃った、僕としては“まさに求めてたお店だよ”という感じのTYハーバーなのですが、一つだけ欠点をあげるとすれば人気故の混雑です。
特に土日祝日はランチ・ディナーともに大変混み合うので、予約なしだと30分〜1時間近い待ち時間もザラ…
混雑日や時間帯に訪れる際は予約をお奨めします。

ただ、席は予約できるものの駐車場は予約不可。
せっかく訪れても満車でクルマが停められない!なんとこともありえます。
なので、休日なら11時台の早めのランチや17時台の早めのディナーをお奨めします!

近隣のパーキング

TYハーバー周辺はオフィスビル・マンションが多いのでいくつか時間貸し駐車場があります。

が、しかし…
駐車料金はどこも100円/10分(600円/時間)で、リーズナブルとは言いづらい相場です。
各駐車場→TYハーバーまで5〜10分歩くことも考えると、やはりできればTYの指定駐車場に停めたいところですね。

天王洲ファーストタワー(約150m):300円/30分
天王洲オーシャンスクエア(約350m):600円/60分
天王洲セントラルタワー(約450m):300円/30分


参考天王洲周辺の駐車場MAP
https://www.e-tennoz.com/areaguidance/service.html

ボートでの来店も可!

運河に浮かぶTYハーバーはなんと水上からのアプローチにも対応しています!
そう、ここはクルーザーで訪れることができる数少ないレストランなのです!
(首都圏エリアだと、他に僕が知っているのは「夢の島マリーナ」「横浜ベイサイドマリーナ」くらいです)

桟橋は2-3艇が停泊できるスペースがあり、停泊料金は3,000円/2時間とのこと。(マリンジェットでの利用は不可

クルージングやフィッシング帰りにTYハーバーで船を停めて食事…なんて使い方ができちゃうわけですね。
なんか想像しただけで興奮してきちゃうシチュエーションです!笑

クルマ来店ならOFFピークをお奨め
\更新情報発信中/
コメント-Comment-
Subscribe
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る。

お奨め記事

あわせて読みたい記事