2020.7.16 2020.12.24

メルセデス×ハワイアンの極上空間

ベンツカフェ浦安(LAUMELIA)前にて
メルセデスディーラーに併設するカフェ。晴れた日にはテラス席も気持ちが良い。

今回紹介するのはディズニーランドで有名な千葉県浦安市にあるカフェ「LAUMELIA
メルセデス・ベンツ浦安ショールームに併設されるカフェで、店内席なら展示されているメルセデスの新型車を眺めながらコーヒーブレイクを楽しむことができます!
僕は勝手に「ベンツカフェ浦安」と呼んでいます。

ベンツカフェ浦安の外観
【写真は公式サイトより引用】

テラスや注文カウンターは“ハワイのオシャレカフェ”そのものな雰囲気。
席も3-4人で座れるテーブル、ゆったりくつろげるソファー、お一人様OKなカウンター、テラス席…とざっくり50席ほどのキャパがあります。
中心に暖炉があったり、カウンター周りには水が流れていたりと…さながら高級ホテルのラウンジか?という創りです。
それと是非見ていただきたいのが化粧室で、アンモナイトを型どった洗面台が特徴的です!
いや、下手なホテルよりもお金掛かってますよ。さすがメルセデス、期待を裏切りません。

ベンツカフェ浦安の内装
【写真は公式サイトより引用】

ディーラー併設のカフェと聞くと「入りづらい雰囲気なのかな…」とかまえてしまいますが「LAUMELIA」は全く心配はありません。
というのもカフェ入口はショールーム入口とは別ですし、カフェスタッフとディーラースタッフも別の方です。
カフェ側から入ればショールームを通ることもないので、完全カフェ目的で訪れてもOKです!

もちろんメルセデスに興味があればカフェの後に展示車やグッズをみることもできます。
ショールーム側のスタッフもカフェからの流れで“何となく見に来ているお客さん”も多いことは理解しているので、無理な営業はなく気軽にクルマを物色できますよ、笑

ショールームは全国でメルセデスディーラーを展開するシュテルングループが運営しており、同社は他にも羽田空港内「Mercedes me Tokyo HANEDA」も手掛けています。
カフェに訪れてクルマやブランドに触れたことをきっかけに、これまでメルセデスに興味を持たなかった人やハードルが高いと感じていた層が購入や検討のきっかけになることを期待しての取り組みと聞きます。

人は接触回数の多いモノを身近だと感じ、好印象を持つ特性があります。専門用語では「ザイオンス効果(単純接触効果)」と呼ばれており、上手にマーケティングへ応用した例と言えますね。
特に自動車のような高額商品では1台の販売が大きな利益をもたらしますから、消費者を中長期的に“教育”していく価値は十分にあるのでしょう。ブランドに好印象を抱いていてもらえれば、いざ買い替え検討となった際、成約に繋がる可能性が高まります。

話が本題からソレてしまいましたが、メーカー(ディーラー)側はクルマやブランドの良さを知ってほしい。
僕ら利用者は優雅な空間でコーヒーが飲めて、気軽に新型車を物色できる(当然、戦略どおりにメルセデスを好きになっていく…笑)。とWIN-WINな関係が築けているというわけですね!

店舗情報

営業時間 10:00〜19:00
(水曜日定休)
住所 〒279-0013
千葉県浦安市日の出5丁目7-5
電話番号 047-305-7700
公式サイト http://www.laumelia.jp/

駐車場情報

収容台数 約200台
駐車料金 無料
形状 平置き(屋外)
その他 右折入庫不可(中央分離帯アリ)
併設施設と共用駐車場

都心から一般道で30分

ベンツカフェ浦安「LAUMELIA」はドライブに丁度よい立地なところも気に入っています。
新宿・渋谷あたりから一般道で30-40分ですし、甲州街道・内堀通り・晴海通り・湾岸道路と3車線以上の幹線道路を通るため比較的流れもスムーズです。
時間帯によっては湾岸道路でディズニーランド渋滞に巻き込まれる可能性もありますが、カフェの営業時間(10:00-19:00)を考えるとあまり気にしなくてよいですね。

駐車場(同敷地内に併設するドラッグストア・スポーツジム等と共有)は200台近い収容力があり、満車で入れないということはまずありません。
LAUMELIA自体もそこまで混雑することはなく、都心部のように待ち時間や駐車場確保に神経質になる必要はないでしょう。気が向いたときにフラッと立ち寄れる理想的なお店です。

最寄り駅(JR新浦安駅)からは徒歩30分とかなり距離があるので、お客さんは周辺住民かわざわざクルマで訪れる人です。
クルマでなければ敢えて選ばないお店」というところも東京カーライフ的にはお気に入りポイントです!

ちょっと贅沢なブランチに

メニューは簡単な構成で代表的なものはこんな感じです。

【フード】
各種ハンバーガー(1,840円)
ロコモコ(1,430円)

【デザート】
アサイーボウル(1,020円)
メルセデス・パンケーキ(1,230円)

【ドリンク】
本日のコーヒー(500円)
カフェラテ(620円)
レモネード(750円)

決して安いわけではありませんが、空間とロケーションを考えれば納得の価格設定です。
道路沿いに植えられたヤシの木、南国風な建物(ホテルや結婚式場?)や海沿い故の潮の香りと相まって、リゾート気分を演出してくれます。

フードはしっかりとボリュームがあるので物足りなさはありませんし、コーヒーもスタバで言うところのトールくらいのサイズがあるので決して割高なわけではありません。
フード+ドリンクだと2,000円超になりますが、メルセデスとハワイアンが融合した優雅な空間を味わえるなら断然アリ!遅めのモーニングやブランチで訪れてみてはいかがでしょうか。

ベンツカフェ浦安のテラス席とクルマ
\更新情報発信中/
コメント-Comment-
Subscribe
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る。

お奨め記事

あわせて読みたい記事